熟考に熟考を重ねたECテーマの結晶。
TCD初となるECテーマ「ICONIC」
TCD初となるECテーマ「ICONIC」
TCD初となるECテーマ「ICONIC」

ICONIC (tcd062)

TCD初となるECテーマ「ICONIC」です。

ECサイト構築プラグイン「Welcart」に対応しており、wordpressでも完成度の高いECサイトが構築できます。
非常にスタイリッシュでカッコイイECサイト。

EC関係のCMSは沢山ありますが、テーマの数、選択肢の数ではWordPressとは比較できません。
海外ではECサイトもWordPressで制作するのは当り前ですが、日本では何故かWordPressでのECサイトが普及しておりませんでした。

原因としてプラグインが日本語対応していない点。
楽天やamazonなどの既製ECサイトに乗っかる店舗が非常に多い点。

などがあるかと思いますが、これからの時代は日本でもWordPressを活用してのECサイト時代に間違いなく突入します。

それを見越してTCDが満を持して発表した『ICONIC』

デモサイトを確認いただくとインテリアをイメージしたショップサイトが確認できますが、そのクオリティは圧倒的です!!
まさにEC革命。

もしもネット上で何かを独自販売したい…と検討中だった方は今すぐICONICで始める事をオススメいたします。
外注したら数百万円以上掛かるだろうECサイトが、直ぐに構築できてしまいます。

強い意志の力をもって開発を進めたその価値を感じてほしい。
TCD初となるECテーマ「ICONIC」。それは色々な想定外が盛りだくさんなリリースでした。Welcartをシコシコと触りながら、開発に検証にそれぞれの役割をもって対応を進めます。

想定外に嵩む工数に近づく期限というプレッシャー。これはなかなか大変だぞ、というところでもみんなで脳みそに汗をかきながら開発進行されていたのだなと思って手に取っていただけると、少しは報われるのかなと今は思います。

ECテーマを世に出すこと。それはTCDにとって一つの目標でもありました。

安価でインスタントなASPサービスを選択、それらを気軽にセットアップするだけでECに挑戦できる時代。そこで敢えてしっかりと作りこんで使っていただくWordpressでECテーマをリリースするということ、そこに確かな意志があることを感じていただけるでしょうか。

39,800 円( 現在の販売価格は公式サイトでご確認ください。)

公式サイトはコチラ

このテーマをチェックした人はこんなテーマも購入しています。

  1. AGENDA (TCD059)

  2. RUMBLE (tcd058)

  3. KADAN(TCD056)

  4. GENSEN(tcd50)

  5. ONE (tcd061)

  6. Beauty (tcd054)

  7. BIRTH(TCD057)

  8. ZERO(TCD055)

  9. Avalon (tcd040)